アメリカが主導するCFN、ロシアが主導するUCN。
二大勢力が激突し、世界は再び大戦の渦に巻き込まれようとしていた。
CFN、あるいはUCNに忠誠を誓う兵士として終わりなき戦いに参戦せよ。
ようこそ、硝煙が雲海を塗り潰す世界、「ウォーフロント」へ。
 
多彩な
ゲームモード
新たな
バトルフレーム
機体の
アップグレード
パイロットランクを
上げろ

多彩なゲームモード

 
Warfront_GameMode02.jpg

「遊撃」作戦

ルールはただ一つ、最後まで生き残れ。

Warfront_GameMode01.jpg

「防衛」作戦

自軍の増援が到着するまで重要施設を防衛せよ。到着後は戦闘エリア内に残る全ての敵を倒せ。

さらに数多くのミッションがプレイヤーを待ち受ける!
pnrm-blur1.jpg

新たなバトルフレーム

ウォーフロントモードではキャンペーンモードではプレイ出来なかったバトルフレームの操作も可能になるぞ!
 
霊空
ZX-03
ジャッジメント
M3S
[イングリッド・カスタム]
 
4.png
5.png
 
この他にも多数のバトルフレームが登場するぞ!
 
pnrm-blur26.jpg

霊空

Reiku.png
霊空は亡国の民が開発した唯一にして最も強力なバトルフレームである。左腕のヒートクローは対象物を瞬間溶解し、右腕のドリルに備わる回転刃の切削能力を最大化する。また、ドリルにはビーム兵器も搭載されており、複数のエネルギー攻撃を使い分けられる。このバトルフレームは近接戦に優れるだけでなく、遠距離戦においても卓越した能力を発揮し得る。
reiku.png
pnrm-screenshot34.jpg
Judgement_Ingame-1.jpg

ZX-03
ジャッジメント

judgement.png
ザヴトラのような高性能なバトルフレームが登場する以前、UCNは異なる設計思想でバトルフレームの研究を模索していた。その一つがジャッジメントであり、バトルフレームの機動性と重武装艦に匹敵する制圧力を兼ね備えた要塞兵器であった。このアイディアは素晴らしく思えたが、桁外れの重量のため回避行動は不可能に等しく、実戦での運用は困難であった。それでもなお、欠点をカバーできるパイロットが搭乗するならば、このバトルフレームは脅威になり得る。
judgement.png
Judgement_Ingame.jpg
Ingrid_Ingame-1.jpg

M3S [イングリッド・カスタム]

Ingrid.png
 
エズメラルダ・イングリッド中佐が搭乗するこのM3には桁外れの改造が施されており、40mmガトリングガンとミサイルランチャーで全身を武装している。その圧倒的殲滅力が持つ可能性は機体の取り回しの悪さと機動性の低さを補って余りある。
ingrid.png
Ingrid_Ingame.jpg
pnrm-blur10.jpg

機体のアップグレード

ウォーフロントの新機能の一つ、機体のアップグレード。
旧式の機体でも強化を重ねることで最新鋭機体に勝るとも劣らない性能を発揮する。
また、強化の成長率は機体によって異なり、ブースト性能が伸びやすい機体、攻撃性能が伸びやすい機体など、その傾向は様々だ。
強化するポイントを見極め、お気に入りの機体で高みを目指せ。
機体の強化には「資源ポイント」が必要だ。
資源ポイントはミッション中に敵機を撃破すると取得できるぞ。
MechUpgrade.jpg
pnrm-blur2.jpg

伝説になるまでランクを上げ続けろ!!

MissionResult.jpg
プレイヤーは戦績に応じてランクポイントを入手できる。
ランクポイントを溜めて上級パイロットを目指せ。
追加条件を達成したり、高難易度のミッションに挑めばランクポイントにボーナスが追加されるぞ。

r.png
パイロットランクが上がると新たなミッションやバトルフレームがアンロックされる。
お気に入りの機体を強化して使いづるけるのも良し、新たなバトルフレームを試してみるのも良いだろう。

CapturingBattleFrame.jpg
ランクアップ以外にも、ミッション中に「奪取」できるバトルフレームが存在する。
特定のミッションに出現するボスを倒し、希少な機体を手に入れよう。